• HOME
  • ARTICLE
  • LIFESTYLE
  • ワインお取り寄せからホテルラウンジ、リムジン送迎まで♡スタートアップなラグジュアリーカードがCoolな件

ワインお取り寄せからホテルラウンジ、リムジン送迎まで♡スタートアップなラグジュアリーカードがCoolな件

長引くコロナ禍でも新生活が始まり、新たな環境へステップアップを迎える春。仕事や収入も変わり、ライフスタイルもクラスアップしちゃおうかなぁ? なんて方は必見。

ミレニアル世代から人気を博し、コロナ禍でも過去最高額を達成したという、ラグジュアリーカードのスタートアップをご存じですか? 老舗ブランドのブラックカードよりもよもやこっちのほうがこれからはCoolかも? 今回はそんなラグジュアリーカードを紹介。

会員の平均年収1700万円、2020年の入会は40%以上がミレニアル世代

「ラグジュアリーカード」とは、2016年に日本に上陸した、日本で初めてWorld Elite Mastercard®に認定されたメタル製のクレジットカードの銘柄のこと。カードの種類はチタン、ブラック、ゴールドの3種類。3種類のカードすべてに、 特許取得済みの独自の金属製デザインと構造を採用しています。最高ランクのゴールドは何と24金コーティングがなされているそう。何それ、それだけでちょっと持ってみたい♡(笑)

ラグジュアリーカードとは、創業者スコット・ブラムが2008年にアメリカ合衆国で設立したブラックカード・リミテッド・ライアビリティ・カンパニーが提供する、富裕層向けのプレミアム金属製クレジットカード。創業者のスコット・ブラム氏が「 自分や友人が使いたいと思えるワールドクラスのクレジットカードを作りたい」という強い思いから生まれた最上位ステータスの金属製クレジットカードで、世界中で多くのセレブリティが愛用しています。海外事業拠点の1か国目としてスタートした日本に加え、2018年より中国でも事業開始し、現在3か国で事業を展開中。

ラグジュアリーカードの提唱する「LUXURY」とは、好きな人と、 好きなものに囲まれ、 自分らしく生きること。人生を最大限に充実させたいと願うアクティブで多忙なエグゼクティブをサポートするため、 サービスとエクスペリエンスにこだわっているということ。

そんなラグジュアリーカードをどんな人たちが使っているのか気にならない?

ラグジュアリーカードが今年3月に発表した「2020年の新富裕層の消費動向」によると、経営者が約6割、会員の平均年収はなんと1,700万円! そして2020年の入会者の4割以上がミレニアル世代なんだとか。そしてコロナ禍でも2020年12月にカード利用額の過去最高額を達成した今注目のクレジットカードなんです。

人気の秘訣はエクスクルーシヴな優待の数々

ラグジュアリーカードの人気の秘訣は何と言ってもエクスクルーシヴな優待の数々。

美術館や映画館の無料優待や、予約必至のガトーショコラの最高峰とも呼ばれるKEN’S CAFEのガトーショコラを予約なしで購入できたり、生花のサブスクリプションやスーパーボウル、モナコグランプリ、マスターズゴルフトーナメントのVIP観戦ツアーやニューヨークブロードウェイミュージカルを手配してもらえるなど、毎日のライフスタイルを様々な分野でアップデートしてくれる優待が魅力的。

さらに、ファインダイニングを利用する際のリムジンカー送迎や、ラグジュアリーホテルのラウンジをサードプレイスとして使える「ラウンジアワー」、トップソムリエ厳選の希少なワインとフィンガーフードを楽しめ、会員同士の交流も生まれるハイエンドなコミュニティ「ソーシャルアワー」といったラグジュアリーな体験ができるワンランク上の優待が目白押しなんです(「ソーシャルアワー」は現在コロナ禍により中止中)。

「ラウンジアワー」を利用できるホテルのラウンジは月替わり。

リムジンカーの送迎があれば、ワンランク上の会食や特別な日の演出にも♡

シーズナル優待が毎月6個以上も追加されるらしい

さらにラグジュアリーカードでは、毎月平均して6~10個のシーズナル優待が追加されるそう。

例えば2021年の3月~4月はSUGALABOの元シェフが作る高級スイーツ「BLANCHÉ CHOCOLAT」が優待価格で手に入ったり、あの佐藤可士和展も無料で入場できたり、さらには全国IHG ホテルズ&リゾートで3泊目が無料になったり。ANAインターコンチネンタルをはじめ、キンプトン新宿東京、ホテルインディゴ箱根強羅でもこの優待を受けられるというから、テンションあがりますね♡

しかも優待追加の通知や優待の申し込みはアプリで完結。このあたりもデジタルネイティブのミレニアル世代にマッチした設計に。

おうち時間充実の優待も増える模様

さらにラグジュアリーカード発表の「2020年の新富裕層の消費動向」によると、富裕層の興味関心は『社会貢献』や『おうち時間』だそう。

豊洲市場の事業者への支援やフードロス問題への取り組みやおうち時間の楽しみとして特別提供した「割烹TAJIMAのミールキット」が2日間で120万円の売り上げが立つほどの人気を博したり、三ツ星レストランで提供されている特別なワイン「シャブリ」の会員限定販売が即完売するなど、会員にぴったりの優待を常に提供しているのも特徴。

まだまだ続くコロナ禍では、今後も「おうち時間」優待が追加されるようです。

一番人気はコンシェルジュサービス

他のカード会社同様に、ラグジュアリーカードにも24時間365日対応してくれるコンシェルジュサービスが付帯しています。

このコンシェルジュサービスは日本ではリピート率80%超えという人気優待。カード利用シーンに関わらず、様々な要望に応えてくれる心強い存在です。ホテルやフライトの手配といった、ある意味コンシェルジュサービスでは“定番”のものだけでなく、映画で俳優が着用しているファッションアイテムを調べてくれたり、ウェディングのサプライズのアイデアや実現までのサポート、さらには恩師探しの相談にも成功したというエピソードがあるほど。親切すぎる♡

カードの利用関なく、まるで秘書のように、日々の生活から特別なシーンまで寄り添ってくれるラグジュアリーカードのコンシェルジュが人気なのも頷けます。しかも電話相談の場合は2コール以内に応対してくれるというタイムリーさ! コールセンターが繋がりにくいのはストレスだから、とってもありがたい! こんな特別な優待やコンシェルジュサービスが揃いながらも、ブラックカードの場合、毎月約8,300円(税別)のサブスクと考えたらリーズナブル!

忘れちゃいけないポイント還元率は?

ポイントは1000円につき2ポイント以上(ゴールド会員の場合3ポイント)。貯まったポイントは1ポイントあたり約5円相当で、他のカード同様にマイルやアマゾンギフトに交換できます。しかし、ラグジュアリーカード。何とロールスロイスとも交換できるんだとか。目指しちゃいますか!?

新生活のファイナンスを見直すならラグジュアリーカードも選択肢に

ファイナンスを見直すなら、特別な優待でワンランク上のライフスタイルを目指せるラグジュアリーカードも選択肢に考えてみるのもいいかもしれませんね。いろいろな優待や自分自身の手間を省いてくれるコンシェルジュサービスをフル活用すれば、よりラグジュアリーなライフスタイルを実現できそう♡

情報感度高め&ハイクラスなミレニアルズのスタンダードカードになりそうな「ラグジュアリーカード」、要チェックです。

ラグジュアリーカード 公式サイト

Instagram luxurycardjapan

記事・Casa Blanca Lee(UNICORN編集部) 画像・Shutterstock(Daria_Cherry)

記事一覧

UNICORN編集部

AFFECTION and AMBITION♡ UNICORN編集部です。 ただいまラ...

AFFECTION and AMBITION♡
UNICORN編集部です。
ただいまライターさん、女性のトレンドリサーチャーさん募集中です。
お気軽にinfo@unicornmedia.jpまで!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA